ドーパミンの意味と特徴|効果と副作用、不足や減少が起こる原因

ドーパミンとは? その意味と特徴

ドーパミンとは何なのか?その意味と役割について解説します。
まずドーパミンの意味は、神経伝達物質の一つで、「セロトニン」や「ノルアドレナリン」と並んで、三大神経伝達物質と呼ばれています。
神経伝達物質とは、人の感情や精神面、記憶や運動機能、睡眠などの重要な働きを担う物質で、ほどよく分泌されれば良い効果を生みますが、過剰に分泌されたり、逆に不足したりすると、マイナスを影響を与えることも!

ドーパミンの役割とは?何でしょう。
まず、「快感」や「やる気」に大きな影響を与えます。
また、学習能力や記憶力といった部分にも影響を与えます。

学習能力があるというのは、一度ドーパミンが分泌されるような快感に結びつく経験をすると、それが記憶されるということです。
このことが意味しているのは、もう一度同じことを行いたいという衝動が起きたり、より上を目指してがんばるモチベーションにつながったり、さらに好きなことに没頭できたりなど、良い効果が生まれるということです。

しかし、この学習能力がマイナスの影響となることもあります。
たとえば、タバコやアルコール、ギャンブルなどの依存症と結びついてしまうことが指摘されています。
そして、ドーパミンが切れるとイライラして、ストレスがたまる原因ともなります。

ドーパミンの効果と副作用にはどういう作用がある

ドーパミンの主な効果と副作用には、どのような作用、状態があるのかみていきましょう。
ドーパミンは脳内の神経伝達物質の一つで、副腎髄質から分泌されるホルモンです。

主な効果には運動、学習など人の行動を促す役割があります。
この分泌量が減少すると運動がしにくくなり物覚えも悪くなります。

深刻化すると皮質下痴呆という人との交流を嫌う症状や、パーキンソン病などを発症する可能性があります。
こうした働きは快感神経系が刺激され過度の興奮状態になると、脳内を覚醒状態にすることで集中力などを高める効果があります。

また過剰分泌は、発言や行動のコントロールができなくなる症状をひきおこす場合もあります。
多くドーパミンを摂取する方法にアルコール、ニコチンも作用します。
多量に摂取していると、もの足りなくなって十分あっても欠乏状態と錯覚して依存してしまいます。

ドーパミンの分泌が大量に放出されると、逆に副作用といえる症状がおきてしまいます。
あるものに夢中になり興奮して口から泡をだしたり、場合によっては軽い痙攣をおこすこともあります。

最近スポーツ界や若者の間でもゲームなどに夢中になり、興奮状態が長引くと危険です。
依存症、過剰興奮状態の副作用が、理性の低下を招き脳内物質のバランスを崩して異常行動、異常言動などが目立ってきます。

ドーパミンの不足や減少が起こる原因はなに

ドーパミンは体内に重要な役割を果たす神経伝達物質のひとつであり、なんらかの原因により減少し不足すると体に様々な影響を与えます。

そもそもドーパミンとは、快感や意欲、運動機能や学習能力の働きに大きく関わってくる神経伝達物質です。
このドーパミンが減少して体から不足する原因の多くは、強いストレスを受けることです。

この物質は快感により意欲をうみだし、ストレスを打ち消してくれる性質があります。
しかしまったく反対の性質であるストレスが強く加わると、ドーパミンが減少して不足する原因となり、脳内での神経伝達物質の分泌やホルモンの分泌を抑え、私たち人間の体に様々な影響を与えます。

ドーパミンが体内で効果的に働くとストレスによる悪影響は受けにくくなるので、日常生活の中でうまく分泌させることが重要です。

また、不足やストレスの原因はストレスだけではありません。
日常生活が大きく関わり、毎日の食事もダイエットや偏食によって減少する可能性があるのです。

また腸内環境も少なからず関係があり、生活習慣が乱れることで不足してしまうので、注意が必要です。
また足りなくなることで強い病気を引き起こすこともあるので、気を付けましょう。

ドーパミンを出す方法と有効な食べ物

ドーパミンを出すには、運動をする・笑う・達成感を得るといった方法があります。
いわゆるランナーズハイというのはドーパミンが放出され続けている状態です。
身体がこれ以上はきついと感じる負荷の運動を数分続けているうちに頭がすっきりした感覚になると思いますが、この感覚が訪れるまで運動するのがポイントです。

また、笑うことも有効であり、その方法は問われません。
お笑い番組でもよいですし、友人との談笑でもよいでしょう。
リラックスできることがなにより重要です。

そして、達成感を味わうことも効果的な方法です。
達成感を味わうには、些細なことでも自分で目標をたてることがポイントです。

次に、ドーパミンを出すのに有効な食べ物についてですが、ドーパミンの原料は必須アミノ酸であり、この元となるたんぱく質を多く含む食べ物を摂取することでドーパミンを出すことを助けます。
タンパク質が豊富な食べ物といえば肉や魚、大豆などですが、それらに加えビタミンB群を摂取することでその効果が高まります。

ビタミンB群を多く含む手軽な食材は豚肉であり、豚肉にはタンパク質も豊富に含まれるので積極的に食べることをおすすめします。
豚肉が苦手な人にはビタミンB群を添加したプロテインも手軽に摂取できるサプリメントとしておすすめです。

ドーパミンを抑える抑制薬は何に使われる

ドーパミンを抑える抑制薬は、不眠症やうつ病の改善のために使われます。
日本では、統合失調症など、精神の病にかかっている人が増えており、社会問題にもなっています。
統合失調症は、長い間、原因不明の病気でした。

現在でも、すべてが解明されているわけではありません。
しかし、有効性の高い治療薬も販売されています。

統合失調症の原因だと考えられているものは、いくつもあります。
神経伝達物質は、100種類以上あると考えられています。
そのうち、うつ病の治療で重要視されているのが、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンです。

セロトニンは、抑制型の神経伝達物質で、ドーパミンとノルアドレナリンは興奮型です。
抗精神病薬には、様々な種類があります。

統合失調症では、脳内の神経伝達物質に異常が起こっているので、脳内の異常を正常な状態に近づけることが重要です。
脳内のドーパミンの量が多くなると、陽性症状が出てきます。
そのために、作用を抑える抑制薬を使うのです。

ドーパミンを抑えることができる抑制薬により作用が弱まることで、統合失調症の改善が期待できるのです。
精神的な病気は、治療期間が長期になるケースも少なくありません。
また、家族のサポートも、非常に重要です。

037

参考サイト

ドーパミンの関係で、うつ病になってしまう人も多いです。
また、そのようにうつ病になってしまう人の中で多いのが、借金苦の人たちです。

さらに、母子家庭における貧困が社会問題化しています。
原因と対策については国の政策の整備や地方自治体の取り組みなどが活発に議論されてきていますが、未だにきちんとした対策がとられているとは言えない現状で、苦しい生活を送っている母子家庭がたくさんあります。

母子家庭の貧困の原因のひとつとして、女性に対する非正規雇用の賃金の低さがあります。
その賃金の低さが原因でうつ病になってしまう、母子家庭のお母さんも多いんです。
母子家庭の貧困の原因と対策
このようなサイトも参考にしてみると、良いかもしれません。

いろいろと知ることで、どんな方法で今の状況から良い方向に変えることができるかがわかります。